きょうりゅうおじさんのブログ

恐竜、古生物が大好きなおっさんが描いた絵を紹介させていただきます。

犬と猫の殺処分0を目指す Hope to Life チームZERO

ご訪問ありがとうございます。

最近、非営利団体「犬と猫の殺処分0を目指す Hope to Life チームZERO」の存在を知りましたのでその活動とメッセージをご紹介させて頂きます。


引用 保健所への動物持込の禁止および殺処分の撤廃を求める署名
http://www.shomei.tv/project-1981.html
*殺処分を撤廃する事で国や行政は動物が遺棄される事を
  懸念されると思います。撤廃になった暁にはまた考えましょう。
  遺棄や虐待を抑止して行きましょう。


(注)署名は2012年8月31日で終了しております。



引用 本気でゼロを目指しませんか?
保健所に持ち込み・収容される子たちは
処分される為に産まれてきた命なのでしょうか?
動物を家族に迎い入れる際、慎重に考えて下さい。
人間と同じ。。。歳をとる過程で様々な事が起こります。
皆さん、お願い申し上げます。今一度、お考え下さい。


555746_477566408921829_905276025_n.jpg


引用 「現実」を知ることから始めましょう。
言葉を持たない小さな命を守れるのは
私達、人間です。。。


426788_473918369286633_438863867_n.jpg


引用 ~殺す行政から生かす行政へ~
2012.1.20に行われた意見交流会の様子です。
主催「THE ペット法塾」
★殺処分を0の為には何が必要ですか★


552336_471452636199873_1850716458_n.jpg


引用 犬と猫の殺処分0を目指すHope to Life チームZERO
「犬と猫の里親募集」ページをつくらせて頂きました。
家族の一員をお探しの方は是非、ご覧下さいませ。

http://www.facebook.com/hopetolife.zero


376672_474677382544065_925810216_n.jpg

私見ですが、無責任な人がペットを飼えないよう、適正検査や資格制度​が必要だと思います。また、ショッピングセンター等での​生体展示販売も禁止するべきです。動物達に過剰なストレ​スを与え、無責任でしかも飼育能力の無い人が安易な気持ちで衝動買いをするのを防​ぐためです。

facebookに参加しました。
気が向いたら遊びに来て下さい。


↓ランキングに参加しております。よろしかったら応援クリックお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 動物画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 科学ブログ 恐竜・古生物へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2012/09/02(日) 06:12:32|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<卑弥呼の舞 | ホーム | 裸婦スケッチ6(固定ポーズ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dinoartharada.blog.fc2.com/tb.php/106-a7e9ff66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)